ロードバイク乗りにおすすめのuvフェイスマスク!

UVフェイスマスクは、ロードバイク乗りの悩みを解決するアイデアグッズです。通気性に優れる種類は夏場の紫外線と暑さを防ぐために利用される一方で、温かい生地を使ったものは冬場に人気になります。このような特徴のおかげで、UVフェイスマスクは年間を通じて利用されるアイテムになりました。

 

ロードバイクの走行時には前傾姿勢になりますが、この状態でも紫外線の影響は非常に大きくなります。UVフェイスマスクは前傾姿勢になった状態でも心地よいフィット感があり、長時間の利用にも向いている構造です。生地を分厚くすれば紫外線を遮断する力も強くなりますが、重たく感じられるようになります。さらに、ゴワゴワしていると空気抵抗が大きくなり、ロードバイクの高速走行に支障が生じる可能性がありました。このため、生地は薄くても丈夫なものが使われ、空気抵抗を抑える工夫も施されています。

 

UVフェイスマスクという名前ですが、多くの製品は首の部分も含めて保護できるようになっています。さらに、フルフェイスに近い装着感を実現したUVフェイスマスクもあり、多様な好みに対応できるようになっています。紫外線から肌を守るだけでなく、害虫から皮膚を保護する機能もあるため、夏の時期には様々な場面で大活躍するはずです。暑さの影響で汗をかいても、生地が吸着して素早く乾燥しますので、不快感が長続きすることもありません。

 

UVフェイスマスクはデザイン性も優れていることもあり、流線型のヘルメットやサイクルジャージと合わせると、カッコ良さも自慢できるようになります。忍者のマスクを思せるようなデザインは、ロードバイク乗りにとっても注目できるもので、実際に多くの人が利用しています。女性のロードバイク乗りも少なくないため、女性向きのデザインも用意されています。こうしたことから、夫婦で利用する場合には、お揃いのUVフェイスマスクを使うことがあれば、別々に違った種類も用意できることになります。