ダイビングのウェットスーツの役割

ウェットスーツと言うのは、基本的に一年を通して着用すると言う特徴があります。
但し、冬場の海を潜る場合は、通常のウェットスーツでは、身体の体温を維持出来ませんので、冬場は特殊なドライスーツを着用してダイビングを行う事になります。


ウェットスーツと言うのは、スキューバダイビングを行う際にどのような役割があるのでしょうか。

一般的にスポーツとして潜水を行う場合は、20~30メートルなどの水深を目処にして行うケースが多いものです。

このような水深と言うのは、太陽の光が僅かに届くかどうかと言う水深でもあり、水温は夏場でも素面近くと比較をすると低くなっています。

このような状況下の中で、潜水を続けていれば、体温はたちまち失われてしまう事になります。

サイパン ダイビングに関する情報を提供中です。

ウェットスーツは、スーツと肌の間に水が入り込む設計になっているのですが、この水が体温で温められ、保温機能をもたらせてくれるのです。


そのため、夏場でも着用して行う事が大切なのです。また、ダイビングを行う場合、岩場などの岩礁地帯からエントリーをしたり、陸に上がる際、そこには波の力があり、身体を岩にぶつけて怪我をしてしまう事もあります。



しかし、専用のスーツを着ている事で、岩場などに身体が当たっても、怪我をしないなどの役割があるのです。

この事からも、体温を守ってくれたり、毛がなどから守ってくれる役割があるのです。






サンプル

トピックス